食事

食生活で血圧を下げる食事療法|ナトリウムの過剰摂取は要注意

生活習慣と食生活を見直す

老人

高血圧は糖尿病や高血糖・脂質異常などさまざまな生活習慣病の元になります。普段の食事から血圧を下げるために、塩分を控えるよう心がけましょう。また、適度な運動を行い、肥満やストレスを解消することが大切です。

詳細へ

食塩の取りすぎに注意

介護

食塩は6グラムを目標に

血圧はナトリウムという栄養素が大きく関係しています。ナトリウムは主に食塩として食事から摂取しています。取りすぎると、むくみが出てきたり、高血圧の原因となります。高血圧は遺伝やストレスなども関係がありますが、食塩の摂りすぎは大きな原因の1つになっています。血圧を下げるためには食塩を取りすぎない食事が大切です。日本人は平均で1日10グラムの食塩を摂っていると言われています。血圧を下げるためには1日6グラムの食塩が望ましいとされており、病院の食事も6グラムに制限されていることが多いです。激しい下痢や運動をした場合などに、必要以上にナトリウムが失われると、時に倦怠感が出ることがあります。しかし、日常生活を送っているときにナトリウム不足になる事はまずありませんので、血圧を下げる目的の食塩制限は問題ありません。

塩分が多い食品は

では、具体的にどのような食事の工夫が必要なのでしょう。日本人が昔からなじみのある料理の多くは食塩が多いものです。例えば、味噌汁の塩分は1.2グラムほどあります。お好きな方も多く、毎食飲んでいる方もいるでしょう。味噌汁は体には良いですが、血圧を下げるためには飲む回数を少し減らしましょう。また、漬物にも多く含まれています。1回分で1.5グラムほどの食塩になるので、食べ過ぎには注意しましょう。また、漬物の種類によっても食塩の量が変わります。浅漬け等あっさりしたものは、比較的食塩の量も少ないので、上手に種類を選びましょう。また、加工食品にも注意が必要です。長期保存が出来るように塩分を多く使用しているためです。出来合いの惣菜やお弁当などを利用する方ことが多い方は、かける醤油を減らしたり、時間がある時はだしで割って薄味にするなどして調整しましょう。

健康に生活していくために

和食

血圧を下げる食事は塩分量を減らす必要があるので味気なくなってしまいますが、出汁やスパイスなどで代用するといいです。またレシピも大変豊富なので、その料理のイメージを壊さないで健康的な食事を作ることも可能です。

詳細へ

こちらもおすすめ

  • 高血圧改善ガイド

    血圧を下げる食事を実践することで、身体への負担を減らすことができます。サプリが簡単と注目が寄せられていますよ。

予防にもなります

病食

血圧を下げるためには、食事を工夫する必要があります。塩分の摂取量を控えた食事を摂ることで血圧が下がり、生活習慣病を改善する、または予防することができます。食事で塩分摂取量を抑えるために、料理方法を考えるようにします。

詳細へ