介護

食生活で血圧を下げる食事療法|ナトリウムの過剰摂取は要注意

健康に生活していくために

和食

様々なもので味をつける

血圧を下げることは動脈硬化など命に関わる病気になる確率が減りますから中年期に入ってきたら特に注意です。血圧を下げるのは病気で入院するような症状の時は特に注意していく必要があり、食事も工夫が必要です。食事で1番大事になってくるのが塩分量ですが、これは普通の食事よりもかなり薄く感じてしまう可能性があります。塩分の代わりになる濃厚な出汁やスパイスを使ったり、レモンなどを使ってもいいです。成人病にならないようにするための食事という大きなメリットがありますから、血圧を下げる効果がある食材を使う事が大事です。にんにくや貝類やゴボウなどは血圧を下げる効果がある事がわかっていますので積極的に使いたいです。オリーブオイルや酢で上手に味付けして、飽きがこないような工夫をすることが大事になってきます。

沢山のレシピがある

いろいろな調理法で飽きがこないような食事をする事が非常に大事ですが、個人ではそんなに料理法を知らない場合もあります。こんな時に便利なのがレシピ本やインターネットのレシピサイトです。沢山の料理を紹介してくれているような所であれば、何百種類ものレシピを掲載しているような所もあります。こういったレシピ本はハンバーグのように誰にでも人気のあるような料理でも工夫して食べられるようにしてくれています。肉料理なども普通に掲載されているので、好きな物が食べられないでストレスが溜まるということもありません。その料理のイメージを壊さないで、血圧を下げる効果がある食材をたっぷり使っているので、病状の悪化を防ぐ事が出来ます。しかし、近年は糖尿病患者に向けた弁当も販売されるようになり、宅配サービスで手軽に注文することができるのです。栄養を考えた食事を摂ることが難しい人は利用してみると良いでしょう。